カリキュラム

カリキュラムについて

地域専門家育成プログラム

地域研究とは、対象とする国や地域について、フィールド調査に基づき、常に現代への関心を持ちつつ、その国や地域の価値観を基礎として内在的にトータルに理解する学問領域です。グローバル化が加速する中で、平和構築、多文化共生、貧困や格差の改善、地球環境など人類が直面する課題は複雑化、広域化の一途をたどっています。このような状況に立ち向かうためには、英語と現地語の運用能力、ならびに俯瞰的な教養を身につけておくことが必要となります。また、地域の文化・社会・経済について深く理解した上で、新興国のニーズを適確に把握し、人的ネットワークを築き上げながら、問題解決を図ることも必要です。ASIPでは、このような人材を育成すべく、オリジナルな地域専門家育成プログラムを提供しています。

カリキュラム図

カリキュラム

学士課程 (最短3年半)

下記の(1)〜(2)を履修し、合計140〜145単位を取得します。卒業論文の作成には国際地域研究専攻のASIP協力教員が副指導として加わります。

  1. 既存の教育課程:124〜126単位
  2. ASIP関連科目:24〜26単位(ASIP演習3、現地語基礎3、現地語集中4〜6、ASIP専門科目8、卒論6)

修士課程 (最短1年半)

下記の(1)〜(3)を履修し、合計30単位を取得します。また、(4)修士論文が必修となります。留学中に行うインターンシップやSEND活動(日本語・日本文化を現地の人々に紹介する活動)も単位として認定されます。

  1. 国際地域研究専攻開設科目:17単位以上(4年次履修の大学院科目10単位を含む)
  2. 海外協定校での取得単位:10単位以内(協定校における指導・演習:リサーチワークショップ(必修2)、協定校大学院科目(選択10)、インターンシップ活動(必修1〜3)、SEND活動(選択1))
  3. プロジェクト演習(必修):3単位
  4. 修士論文
このページの先頭へ戻る